大正6年2月の強風

災害年月日
1917年02月19日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
大正6年(1917)2月19日21時頃、暴風雪のため、汽船2隻が小瀬島附近で座礁した。また、小豆島海上では漁船3隻が漂流中に共助された。(気象庁「気象要覧」による)/多度津の最大風速は西南西20.2m/秒であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、23頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
強風 船舶座礁 気象要覧
NO.
香川5279

よく似た災害

大正6年12月の強風

大正6年(1917)12月10日2時40分頃から西よりの季節風が強まった。この暴風のため、近海で小廻船1艘、漁船・帆船各1艘が遭難した。(気象庁「気象... 続きを読む

大正9年5月の強風

大正9年(1920)5月7日~9日、強風により、麦が倒伏した。(気象庁「気象要覧」による)/多度津の最大風速は北北東14.1m/秒であった。 続きを読む

大正6年3月の強風

大正6年(1917)3月9日早暁より、香川県東部で南東風が強く、播磨灘では波浪が高く、小豆島安田村(池田町)大字橋の沖合で帆船1隻が沈没した。(気象庁... 続きを読む

大正6年5月の強風

大正6年(1917)5月8日14時過ぎから南よりの強風となり、21時20分に風向が西に転じて、にわかに暴風雨となった。この暴風のために、船舶の難破が2... 続きを読む

大正12年6月の台風

大正12年(1923)6月22日、台風が瀬戸内海から北陸に抜けた。この台風で丸亀港外で帆船1隻が沈没した。(気象庁「気象要覧」による)/多度津の最大風... 続きを読む