大正7年7月の台風

災害年月日
1918年07月11日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)7月11日~12日、台風により、新川、香東川等の河川は増水し、多少の損害があった。翌朝まで続いた暴風雨は県東部で強く、被害も東部で多かった。陸上では家屋の倒壊による圧死・負傷、堤防決壊、田畑の浸水等の被害があり、海上では船舶の難破・流出により行方不明者をだすなどの損害があった。県内の雨量は100~230ミリであった。被害は死者4人、行方不明5人、負傷者6人、家屋の全壊294戸、半壊65戸、床下浸水122戸等に及んだ。(気象庁「気象要覧」、「香川県気象月報」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、25-26頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 洪水 死者 堤防決壊 気象要覧
NO.
香川5288

よく似た災害

大正6年10月の台風

大正6年(1917)10月10日~11日、台風による風雨は県東部で強く、その損害も東部で大きかった。大川郡相生村(引田町)ではため池の堤防が決壊して、... 続きを読む

大正4年9月の台風

大正4年(1915)9月8日~9日、台風により、暴風と高潮の被害が出た。暴風は県東部で強かった。大川郡南東部では稲田の損害が甚だしく、小海村(引田町)... 続きを読む

大正7年9月の台風

大正7年(1918)9月14日、台風により、降雨時間は割合短かったのに雨量が多かったので、各河川は14日午後急に増水して大洪水となった。新川、郷東川、... 続きを読む

大正6年8月の台風

大正6年(1917)8月2日~3日、台風による風雨は県下東部で強大であったため、被害も東部で多かった。県下の被害は家屋の全壊26戸、半壊2戸、床上浸水... 続きを読む

昭和49年の台風8号

昭和49年(1974)7月6日~8日の台風8号による集中豪雨で、主に島嶼部で、死者29人、負傷者24人、家屋の損壊263戸の被害があった。 続きを読む