大正8年8月の台風

災害年月日
1919年08月16日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
大正8年(1919)8月16日~17日、台風により、陸上では被害はなかったが、海上では直島付近で帆船1艘が座礁、沈没し、大川郡白鳥本町の近海では汽船が1艘漂流、その他漁船10数艘が遭難した。(気象庁「気象要覧」による)/多度津の最大風速は南10.9m/秒であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、27-28頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 船舶沈没 漁船遭難 気象要覧
NO.
香川5293

よく似た災害

大正6年12月の強風

大正6年(1917)12月10日2時40分頃から西よりの季節風が強まった。この暴風のため、近海で小廻船1艘、漁船・帆船各1艘が遭難した。(気象庁「気象... 続きを読む

大正6年11月の強風

大正6年(1917)11月5日早朝、暴風が特に西讃方面で強く、陸上では稲籾が落ちて多少の被害が出た。海上では丸亀市沖で帆船及び漁船各1艘が難破し、高松... 続きを読む

大正7年8月8日の台風

大正7年(1918)8月8日、台風により、陸上ではほとんど被害はなかったが、海上では汽船または帆船の遭難があった。(気象庁「気象要覧」による)/県内の... 続きを読む

大正6年4月の強風

大正6年(1917)4月28日10時30分頃より29日10時頃まで風が強く、丸亀沖で食塩1,300かますを積んだ帆船1隻が沈没し、大川郡白鳥本町の海岸... 続きを読む

大正8年の台風

大正8年(1919)八十八夜に大暴風雨、燧灘で漁船が遭難し、多くの死者が出た。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等によ... 続きを読む