大正14年の雷雨

災害年月日
1925年03月12日
市町村
香川県
災害種類
風水害  その他(雷雨)  
概要
大正14年(1925)3月12日、仲多度郡與北村、香川郡円座村、同郡太田村で落雷があり、住宅3棟が焼けた。多度津の最大風速は西21.8m/秒となった。香川県下では船舶の難破数十隻、死者36人に及んだ。(気象庁「気象要覧」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、31頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
落雷 強風 船舶難破 死者 気象要覧
NO.
香川5305

よく似た災害

大正13年11月の強風

大正13年(1924)11月9日~10日、強風のため、瀬戸内海では船舶の遭難が多かった。香川県下では難破船2、3隻、行方不明者1人が出た。(気象庁「気... 続きを読む

大正5年9月1日の雷雨

大正5年(1916)9月1日11時頃より16時頃まで、香川・徳島両県下で雷雨があり、香川県下で落雷が6回あった。(気象庁「気象要覧」による) 続きを読む

大正6年9月24日の雷雨

大正6年(1917)9月24日13時~17時頃、新居浜付近、尾道より香川県の海上、香川県下及び岡山県下で雷雨があった。このうち、香川県が最も激烈で落雷... 続きを読む

大正14年の強風・降雹

大正14年(1925)3月12日4時半頃、寒冷前線の通過に伴い、香川県、岡山県で強風、降雹があった。仲多度郡与北村、香川郡円座村・大田村で落雷があり、... 続きを読む

大正6年5月の強風

大正6年(1917)5月8日14時過ぎから南よりの強風となり、21時20分に風向が西に転じて、にわかに暴風雨となった。この暴風のために、船舶の難破が2... 続きを読む