昭和3年8月29日の台風

災害年月日
1928年08月29日
市町村
香川県三豊郡
災害種類
風水害  
概要
昭和3年(1928)8月29日夜半宮崎の海岸をかすめ、30日朝瀬戸内海を通過した台風は、西讃方面に強い風雨をもたらし、三豊郡方面で電柱を倒伏させた。(気象庁「気象要覧」による)/県内の雨量は30~100ミリ。(月表による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、33-34頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 気象要覧
NO.
香川5313

よく似た災害

昭和40年の台風23号・24号・25号

昭和40年(1965)9月9日~10日の台風23号で、高松で瞬間最大風速39.5mを記録した。引き続き、台風24号、25号のアベック台風が豪雨をもたら... 続きを読む

万延元年の洪水

万延元年(1860)7月11日、大風、洪水。財田川流域に大きな被害をもたらした。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」、「三豊郡史」、「香川県気象災害誌」、... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、大暴風雨により、風速36.7mの猛烈な風が那賀郡を襲い、家屋、樹木、電柱を倒し、人畜に損害を与えた。 続きを読む

昭和35年の台風16号

昭和35年(1960)8月29日、台風16号の影響で暴風雨となり、特にオリーブに甚大な被害をもたらした。 続きを読む

平成元年の台風17号

平成元年(1989)8月、台風17号が山本町を襲い、大雨をもたらして、農地、農業用施設、水路、竹井家、道路などに大きな被害を残した。 続きを読む