昭和6年1月の強風

災害年月日
1931年01月09日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
昭和6年(1931)1月9日~10日、季節風が吹き、高松港等で帆船2隻が沈没し、溺死者1人、また西讃方面で電柱、屋根瓦に被害があった。(気象庁「気象要覧」による)/多度津の最大風速は西21.1m/秒であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、34頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
強風 帆船沈没 死者 気象要覧
NO.
香川5318

よく似た災害

昭和7年12月の強風

昭和7年(1932)12月12日~13日、日本海中部からオホーツク海に進んだ低気圧のため強風が吹き、坂出町で電柱が倒れて電工4人が負傷したほか、屋根の... 続きを読む

昭和7年3月の強風

昭和7年(1932)3月16日、西よりの強風が吹き、風浪高く、仲多度郡白方村沖で機船(49トン)が沈没し、16人が溺死した。(気象庁「気象要覧」による... 続きを読む

大正5年3月の強風

大正5年(1916)3月23日、強風のため、三豊郡観音寺の燧灘で遭難船12隻あり、行方不明2人を出した。(気象庁「気象要覧」による)/多度津の最大風速... 続きを読む

昭和31年5月の強風

昭和31年(1956)5月6日、強風のため、二子島付近で機帆船(19トン)が浸水した。(気象庁「気象要覧」による)/高松の最大風速は西10.5m/秒で... 続きを読む

明治39年10月の台風

明治39年(1906)10月24日、台風。多少の被害があると思われるが、詳細不明。(気象庁「気象要覧」による)/多度津の最大風速は西南西25.8m/秒... 続きを読む