昭和6年の大雪

災害年月日
1931年02月09日
市町村
香川県
災害種類
雪害  
概要
昭和6年(1931)2月9日14時40分より10日6時まで、雪が降り、積雪は多度津で28cmに達した。被害不詳。(気象庁「気象要覧」による)/9日14時頃より雪が降り出し、10日7時止む。積雪は平地で20~30cmで、明治40年(1907)以来24年目の大雪となった。(「高松市史年表」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、35頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
大雪 気象要覧 高松市史年表
NO.
香川5319

よく似た災害

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月11日、大雪が降り、積雪は平地で1尺となり、竹やぶの多くは折れた。 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日午前11時から降り出した雪は、翌日午後6時半頃まで31時間以上にわたって降り続いた。琴平の積雪は30cm。 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日11時頃から雪が降り始め、11日朝の積雪は林村で60cm、旧市街で20cmに及んだ。(「高松市史年表」による) 続きを読む

昭和6年の大雪

昭和6年(1931)2月9日午後2時頃から雪が降り出し、翌10日午前7時まで降り続いた。降雪量は、阿讃山岳部で30~47cm、平地で23cmで、明治4... 続きを読む

昭和6年の大雪

昭和6年(1931)2月9日午後2時頃から雪が降り始め、10日午前7時に止んだ。積雪量は平地で7寸5分、屋上で9寸に及んだ。明治40年以後24年目の大... 続きを読む