昭和11年10月の台風

災害年月日
1936年10月03日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
昭和11年(1936)9月30日から台風による雨となり、10月3日までの雨量は100ミリを超え、特に東讃南部では200ミリに達した。このため、河川が増水して、多少の被害があった。(気象庁「気象要覧」による)/多度津の最大風速は西北西13.4m/秒であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、39頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 洪水 東讃 気象要覧
NO.
香川5337

よく似た災害

昭和15年の台風

昭和15年(1940)9月10日~11日、台風に伴う大雨により、長者で゙600ミリに達した。このため多少の被害が予想されるが、不明である。 続きを読む

昭和13年7月の台風

昭和13年(1938)7月4日、暴風雨により勝浦川が増水した。たばこの葉の被害が大であった。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む

昭和13年8月の台風

昭和13年(1938)8月1日、暴風雨により勝浦川が増水し、堤防下1尺に迫った。各河川が増水し、土砂が田畑を埋めた。(長田八百三氏日記、横瀬町史等によ... 続きを読む

昭和10年9月の台風

昭和10年(1935)9月25日3時頃、台風が豊後水道から松山を経て、鳥取方面に抜けた。徳島県で降雨が始まったのは19日であり、その後連日相当の雨が降... 続きを読む

昭和10年9月の台風

昭和10年(1935)9月25日3時頃、台風が豊後水道から松山を経て、鳥取方面に抜けた。徳島県で降雨が始まったのは19日であり、その後連日相当の雨が降... 続きを読む