昭和25年7月の雷雨

災害年月日
1950年07月09日
市町村
香川県
災害種類
その他(ひょう)  
概要
昭和25年(1950)7月9日、寒冷前線の通過に伴い、四国各地で雷が発生し、香川県内では香川郡川岡、池西、由佐、川東の各村で雹が降り、たばこ36ha、死者1人、家屋焼失2戸の被害があった。(気象庁「気象要覧」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、47頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
降雹 寒冷前線 死者 気象要覧
NO.
香川5364

よく似た災害

昭和14年4月の降雹

昭和14年(1939)4月27日、香川県一円で雹が降り、桑の若芽に被害があった。(気象庁「気象要覧」による) 続きを読む

昭和12年6月の雷雨

昭和12年(1937)6月16日、雷雨のため、香川県下全域に雹が降った。大川郡丹生・相生間では梅実大またはピンポン玉くらいの大きさの雹が5分~10分内... 続きを読む

昭和29年7月8日の雷雨

昭和29年(1954)7月8日夕方、雷のため、仲多度郡吉野村で感電死したほか、観音寺方面でそら豆大の雹が降り、農作物、建物などに被害があった。(四国新... 続きを読む

昭和4年7月の台風

昭和4年(1929)7月1日~2日、台風のため、香川県東部で南東の風が強く、津田町の巨松が折損し、小豆島では葉たばこの被害、高松では電話障害があった。... 続きを読む

大正2年12月の雷雨

大正2年(1913)12月7日14時頃、松山、新居浜、多度津、岡山、神戸等で強烈な雷雨があり、各地で降雹があった。また、多度津地方では落雷もあった。(... 続きを読む