昭和28年3月の大雪

災害年月日
1953年03月28日
市町村
香川県
災害種類
雪害  
概要
昭和28年(1953)3月28日~29日、低気圧が四国南方海上を通ったため雪となり、平野部で5cm、山間部で5~30cmの積雪となった。季節遅れであったため、農作物の被害が大きくなった。県内の被害は麦の倒伏、電話線の障害、送電線断線、電柱倒伏等に及んだ。(高松地方気象台「異常気象速報」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、53頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
大雪 低気圧 異常気象速報
NO.
香川5389

よく似た災害

大正6年2月の大雪

大正6年(1917)2月3日20時50分より降雪が始まり、4日は明治40年2月11日以来の大雪となった。電灯線、電話線に着雪し、電話線の不通箇所30カ... 続きを読む

昭和7年の大雪

昭和7年(1932)2月25日、低気圧が四国沖を通過したため平野部で大雪となった。小松島で35cm、徳島で31.3cmの積雪となった。 続きを読む

昭和28年2月の大雪

昭和28年(1953)2月21日4時頃から13時過ぎまでの降雪により、積雪は平地で5~15cm、山間部で30cm以上に達した所もあった。このため、電信... 続きを読む

昭和26年2月の大雪

昭和26年(1951)2月14日、低気圧が四国南方海上を北東進したため、香川県下は昭和6年以来の大雪となり、交通、通信に被害が生じ、夏みかん、びわ等の... 続きを読む

昭和44年3月の大雪

昭和44年(1969)3月12日、台湾付近に発生した低気圧が急速に発達しながら午前中に四国沖を通ったため大雪となり、岩倉では41cmの積雪となった。脇... 続きを読む