貞享2年12月10日の地震

災害年月日
1686年01月04日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
地震・津波  
概要
貞享2年(1685)12月10日、大地震により、泥湯湧き出た。(「予陽郡郷俚諺集」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛媛県史編さん委員会編「愛媛県史 近世下」(愛媛県、1987年)、485頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 道後温泉 予陽郡郷俚諺集
NO.
愛媛427

よく似た災害

慶長19年の地震

慶長19年(1614)10月25日、大地震で道後温泉の湧出とまる。(「予陽郡郷俚諺集」による) 続きを読む

寛永2年の地震

寛永2年(1625)3月18日、地震で道後温泉の湧出とまる。(「予陽郡郷俚諺集」による) 続きを読む

貞享3年の地震

貞享3年(1686)12月10日、地震により、泥湯湧出後、清湯となった。 続きを読む

貞享2年12月10日の地震

貞享2年(1685)12月10日、地震(M7~7.4)により、時々道後温泉黄濁す。泥湯湧出後潰湯となる。 続きを読む

貞享2年12月10日の地震

貞享2年(1685)12月10日、地震により、温泉泥湯を出す。(俚諺集)(「松山叢談」による) 続きを読む