昭和30年5月の濃霧

災害年月日
1955年05月11日
市町村
香川県高松市
災害種類
その他(濃霧)  
概要
昭和30年(1955)5月11日、濃霧のため、高松港沖2浬の海上で、宇高連絡船紫雲丸(1,500トン)が貨車航送船第三宇高丸と衝突、沈没し、紫雲丸の乗船者800人中168人が死亡した。(高松地方気象台「異常気象速報」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、58頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
濃霧 船舶衝突 紫雲丸沈没 死者 異常気象速報
NO.
香川5406

よく似た災害

昭和30年の濃霧

昭和30年(1955)5月11日、濃霧のため、高松港沖2海里の海上で、宇高連絡船紫雲丸(1,500トン)が貨物航送船第三宇高丸と衝突して沈没し、紫雲丸... 続きを読む

昭和10年の濃霧

昭和10年(1935)7月3日、濃霧のため、大阪商船みどり丸が千山丸と衝突して沈没した。 続きを読む

昭和40年5月の濃霧

昭和40年(1965)5月17日1時過ぎより、瀬戸内海一帯で濃霧が発生した。このため、貨物船等の座礁5件、衝突1件、その他連絡船及び定期船の遅延・欠航... 続きを読む

昭和6年7月の濃霧

昭和6年(1931)7月19日、海面に濃霧が発生し、7時25分頃高松港外で汽船屋島丸と水島丸が衝突、多少の損害があった。(気象庁「気象要覧」による) 続きを読む

昭和10年の濃霧

昭和10年(1935)7月3日午前1時頃、濃霧のため三都村釈迦ヶ鼻沖で大阪商船別府航路みどり丸と大連汽船貨物船千山丸が衝突して沈没、船客、乗員166人... 続きを読む