文化9年の地震

災害年月日
1812年04月21日
市町村
愛媛県
災害種類
地震・津波  
概要
文化9年(1812)3月10日夜6ツ半時、大地震。15日まで少々地震あり。(「松山叢談」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛媛県史編さん委員会編「愛媛県史 近世下」(愛媛県、1987年)、485頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 松山叢談
NO.
愛媛431

よく似た災害

文化9年の地震

文化9年(1812)3月10日夜6ツ半時、大地震。15日まで少々震す。(「松山叢談(増田家記)」による)/3月10日より15日まで、地大いに震う。損害... 続きを読む

文化9年の地震

文化9年(1812)3月10日夜6ツ半時、伊予灘東部でM6.9の地震が発生した。「松山史要」によれば、3月10日より15日まで地震が起こり、損害が多か... 続きを読む

文化9年の地震

文化9年(1812)3月10日、伊予松山を中心とする強い地震あり、土佐は家屋に小被害あり、余震が3月下旬まで続く。/史料掲載:「燧袋」、「新井来助日記... 続きを読む

文化9年の地震

文化9年(1812)3月10日午後10時頃、地震が起こった。幡多や中村では格別に強かった。翌日までに11度余震が起こり、その後も度々地震は発生した。(... 続きを読む

文化4年の長雨

文化4年(1807)夏以後、長雨。文化5年1月14日、御領内、去夏以来の雨続きのため、不熟、損毛高14,593石余の御届あり。(「松山叢談(本藩譜)」... 続きを読む