昭和39年4月の濃霧

災害年月日
1964年04月14日
市町村
香川県
災害種類
その他(濃霧)  
概要
昭和39年(1964)4月14日から18日にかけて、瀬戸内海全域にわたって連日濃霧が発生した。特に備讃瀬戸では濃霧が顕著で海難事故が相次ぎ、海上交通機関が大幅に混乱した。(高松地方気象台「異常気象速報」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、79頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
濃霧 海難事故 海上交通混乱 異常気象速報
NO.
香川5487

よく似た災害

昭和38年4月の濃霧

昭和38年(1963)4月16日朝、濃霧が発生し、19日まで連日濃霧に襲われた。このため、瀬戸内の海上交通は寸断され、船舶の座礁事故が多発した。香川県... 続きを読む

昭和36年4月13日の濃霧

昭和36年(1961)4月13日早朝、瀬戸内から豊後水道方面に霧が発生したが、この霧は朝のうち消滅した。14日早朝にも瀬戸内東部から紀伊水道方面にかけ... 続きを読む

昭和31年3月の濃霧

昭和31年(1956)3月25日1時50分頃、濃霧のため、牛島付近で汽船(230トン)の乗場事故があった。(高松海上保安部「海難資料」による) 続きを読む

昭和44年4月の濃霧

昭和44年(1969)4月13日夜から14日朝にかけて移流霧となり、15日未明から昼前にかけ濃霧となって、鳴門海峡では船舶の衝突1件、座礁4件の海難事... 続きを読む

昭和44年4月の濃霧

昭和44年(1969)4月13日夜から14日朝にかけて移流霧となり、15日未明から昼前にかけ濃霧となって、鳴門海峡では船舶の衝突1件、座礁4件の海難事... 続きを読む