昭和36年の第二室戸台風

災害年月日
1961年09月00日
市町村
香川県東かがわ市(白鳥町)
災害種類
風水害  
概要
昭和36年(1961)9月の第二室戸台風及び10月の集中豪雨により、白鳥の松原周辺の250haは水没し、民家はほとんど床上浸水となった。このため、昭和38年に県営大規模湛水防除事業が採択され、施工された。(「白鳥湛水防除事業竣工之碑」の碑文による)
地理院地図
Googleマップ
備考
白鳥町湊に「白鳥湛水防除事業竣工之碑」が建立されている。
参考画像
参考文献
香川県農林部編「農林業の石碑 ~先人の偉業をしのぶ~」(香川県農林部、1981年)、25頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
第二室戸台風 集中豪雨 白鳥の松原 白鳥湛水防除事業竣工之碑
NO.
香川5492

よく似た災害

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)、南海地震による地盤沈下のため、白鳥の松原は浸蝕され、東部の新川流域の耕地も低地と化し、海水が浸入するようになった。このため、流... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風により、吉野川は洪水となった。舞中島の洪水痕跡に関する写真が2枚掲載されている。 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、台風18号(第二室戸台風)が襲来し、四万十川は大洪水となった。(「十和村史」による) 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

image

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風が室戸に上陸し、徳島県東部を通って阪神間に抜けた。本県では記録的な洪水、高潮被害を残した。この台風で、日... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)、第二室戸台風により、白鳥町では神越橋の流失、浸水被害等が甚大であった。県は、引田町に対して災害救助法を適用し、自衛隊善通寺部隊... 続きを読む