昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月10日
市町村
香川県さぬき市(津田町)
災害種類
風水害  
概要
昭和51年(1976)9月10日から12日まで、台風17号は西日本に停滞し、津田町内に983ミリの豪雨をもたらし、大災害を引き起こした。被害は死者8人、負傷者4人、家屋の全半壊29戸、浸水730戸等に及び、町では水防団、自衛隊、警察等の応援を得て災害救助にあたった。災害後は全国各地からの救援も受けて復興に努め、災害復旧と防災工事を3箇年で行った。(「忘れじの標」の碑文による)
地理院地図
Googleマップ
備考
津田町松尾に「忘れじの標」碑が建立されている。
参考画像
参考文献
香川県農林部編「農林業の石碑 ~先人の偉業をしのぶ~」(香川県農林部、1981年)、36頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 豪雨 死者 忘れじの標
NO.
香川5493

よく似た災害

昭和49年の豪雨

昭和49年(1974)7月上旬、記録的な豪雨で全国各地で被害大。 続きを読む

昭和47年7月の豪雨

image

昭和47年(1972)7月5日、南国市の北部地区で豪雨となった。土佐山田町繁藤では、一日741ミリ、一時間最大100ミリ近くの豪雨に見舞われ、行方不明... 続きを読む

安永6年の大火

安永6年(1777)12月15日午後5時、魚棚一丁目東側の家から出火し、本町一丁目、裏町一・二丁目を残して6ヶ丁を焼失した。藩は町奉行に命じて米130... 続きを読む

昭和10年の台風

昭和10年(1935)8月28日の台風により、中村市で被害が出た。水害後に役所職員、新聞社、郵便局、青年団、婦人会等さまざまな人々が自らの被災を顧みず... 続きを読む

享保17年の風水害

享保17年(1732)、風水害及び蝗害により飢饉となり、藩の御物成も全免され、藩主も幕府から金穀を借りて飢民の救助にあてた。この災害によって、翌享保1... 続きを読む