明治17年の水害

災害年月日
1884年08月25日
市町村
香川県さぬき市(志度町)
災害種類
風水害  
概要
明治17年(1884)8月25日夜、寒川郡鴨部下荘村で、烈風にわかに起こり、波涛狂奔し堤防を決壊す。その勢い奔馬の如く襲来し、家屋は流され、人はおぼれ、浜に打ちあげられた魚のようであった。稲や甘藷など作物の被害を被らないものはなかったが、幸いに人命には異常はなかった。暴風狂らん中はまさに窮乏のどん底に陥った。ここにおいて村民一同相謀り金穀を集めて被害の救済に当たった。このことが聖聞に達して下賜金を賜い、その難を救恤された。(「水害記念碑」による、原文は漢書)
地理院地図
Googleマップ
備考
鴨庄新開の鴨部川沿いに「水害記念碑」が建立されている。
参考画像
参考文献
香川県農林部編「農林業の石碑 ~先人の偉業をしのぶ~」(香川県農林部、1981年)、37頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
水害 鴨部下荘村 下賜金 水害記念碑
NO.
香川5494

よく似た災害

明治17年の水害

image

明治17年(1884)8月25日夜、寒川郡鴨部下庄村で、烈風にわかに起こり、波涛が荒れ狂って堤防を決壊した。その勢いは奔馬のようで、家は流され、人は溺... 続きを読む

昭和18年の水害

昭和18年(1943)6月14日、県内の雨量は少なかったが、高知県方面の雨量が多く、吉野川が増水して樋門から逆流した水が低地部に浸水した。桑園も水稲も... 続きを読む

明治17年の水害

明治17年(1884)8月25日、暴風、波濤により、堤防が決壊し、家屋の流失、稲や甘藷などの作物に被害が出たが、人命には異常なかった。(西新開の水害記... 続きを読む

明治17年の水害

image

明治17年(1884)8月25日、暴風、波濤により、堤防が決壊し、家屋の流失、稲や甘藷などの作物に被害が出たが、人命には異常なかった。(西新開の水害記... 続きを読む

昭和18年の水害

昭和18年(1943)6月14日、雨量は少なかったが、吉野川が増水して樋門から逆流した水が低地部に浸水した。桑園も水稲も中間期のため、被害は少なかった... 続きを読む