寛永20年の長雨

災害年月日
1643年00月00日
市町村
香川県高松市(国分寺町)
災害種類
その他(長雨)  
概要
寛永20年(1643)、雨が多く、作物が実らず、飢饉になった。(災害年表)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
国分寺町小学校社会科資料編集委員会編「わたしたちの町 国分寺町」(国分寺町教育委員会、2005年)、73頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 飢饉
NO.
香川5522

よく似た災害

寛永19年の長雨

寛永19年(1642)、長雨が降り続き、冷害が加わり、諸国大凶作となった。四国、九州、東北、北陸地方は大飢饉となった。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」... 続きを読む

寛永3年の風雨・干ばつ

寛永3年(1626)4月に大風雨があり、夏は95日も干ばつになった。(災害年表) 続きを読む

寛永3年の干ばつ

寛永3年(1626)、日照りが続き、大飢饉となった。死者が多く出た。(豊田台地の開発にかかわる年表) 続きを読む

寛永20年の干ばつ

寛永20年(1643)、日照りが続き、大飢饉となった。死者が多く出た。(豊田台地の開発にかかわる年表) 続きを読む

寛永20年の干ばつ

寛永20年(1643)4月下旬から6月下旬まで雨が降らず、五穀が実らないため、秋から冬にかけて餓死者を多く出した。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」など... 続きを読む