正徳3年の暴風

災害年月日
1713年00月00日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
正徳3年(1713)、暴風が壁を倒し、木を折った。(高松藩の災害記録)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
蛙子池土地改良区・土庄町編「伝法川水系治水利水史」(蛙子池土地改良区・土庄町、1985年)、122頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風
NO.
香川5571

よく似た災害

正保2年の干ばつ

正保2年(1645)、大干ばつ、新池406を築いた。(高松藩の災害記録) 続きを読む

明治7年の暴風

明治7年(1874)8月21日、朝五つ時に南よりの暴風があり、大木を折り、浦戸村や瀬戸村の石鳥居や家屋を倒すなどの被害を受けた。海上では船が損壊し、夥... 続きを読む

昭和29年の台風

昭和29年(1954)の台風は、足代小学校の旧校舎を倒し、美濃田、山口等の家屋を倒し、屋根をとばし、山林の大木を倒し、鷲羽神社の大木をなぎ倒し、中村の... 続きを読む

寛政4年の台風

寛政4年(1792)、台風、洪水。(高松藩の災害記録)/小豆島で暴風により、家屋倒壊。 続きを読む

嘉永2年の台風

嘉永2年(1849)、大風、洪水。(高松藩の災害記録) 続きを読む