慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日夜半に大地震が発生し、大津波を伴い、奈半利平野は一面に海水が入り、潰家、流出家屋、死者等の大被害があったことが伝承されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
奈半利町史編纂委員会編「奈半利町史」(奈半利町、1986年)、453頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
慶長地震 死者
NO.
高知12

よく似た災害

慶長9年の地震

慶長9年(1604)、夜半に大地震が発生し、大津波が起こり、奈半利平野は一面に海水が入り、潰家、流出があり、死者も相当あったと伝えられている。 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月、大地震があり、夜半に大津波が起こって、田野平野は一面に海水が入り、潰家や死者も相当あったようである。 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が起こった。佐喜浜の談義所(今の大日寺)にいた僧侶暁印は、この時の見聞記録を残している。この「暁印の置文」による... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が起こった。佐喜浜の談義所(今の大日寺)にいた僧侶暁印は、この時の見聞記録を残している。この「暁印の置文」による... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、大地震が起こった。佐喜浜の大日寺の前身、談義所に滞留していた客僧の暁印は、この時の見聞記録を残している。この「暁印の... 続きを読む