宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、地震が発生。土地が上下に揺れ、翌朝まで10回の大津波が寄せ、浜辺はもとより、堅横町、西町に波が打ち寄せ、大円寺をはじめ多くの家が流れ、潰家も多かった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
安岡大六著「奈半利町史考」(奈半利町、1953年)、157頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 堅横町 西町 大円寺
NO.
高知18

よく似た災害

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日午後2時頃、大地震が発生し、奈半利では栃が上下左右に揺れ動き、翌朝までに11回の大津波が来襲し、立横町、西町にも大波が打... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日未の上刻、土佐国で大地震あり、大地は揺れ、山は崩れ、河川は埋もれ、道路は決裂して、人家倒壊した。未の下刻から津波が打ち寄... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、近畿、東海、四国、中国、九州に及ぶ史上最大の地震が発生した。全地域で潰家29,000個、死者4,900人を出した。津波... 続きを読む

宝暦7年の台風

宝暦7年(1757)7月26日、大暴風雨により洪水と大波が打ち寄せ、天神町の人家が半分ほど打ち潰れ、川岸や海岸は材木などで埋まった。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日未上刻、大地震が起こり、屋舎の倒壊、人畜の死傷がおびただしかった。地震に続いて海嘯が発生した。谷陵記では、地震により国中... 続きを読む