昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、大地震が起こった。夜が明けると、多くの石垣が倒れ、家屋はほとんどが西方に傾いていた。奈半利町の被害は、死者4人、負傷者29人、家屋全壊28戸、道路堤防破壊7箇所などであった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
安岡大六著「奈半利町史考」(奈半利町、1953年)、158頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 死者
NO.
高知20

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海大地震が発生した。奈半利町では地震発生の少し前に、動物が騒ぐなどの兆候があり、ゴーッと地鳴りがす... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、M8.1の地震が発生した。高知県下の被害は死者670人、住家の全壊4,834戸、半壊9,041戸、浸... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分頃、南海大地震が発生した。県内の被害は死者52人、負傷者210人、家屋の全壊608戸、半壊2,409戸で、... 続きを読む

昭和25年の火災

昭和25年(1950)2月19日、火災により、奈半利町の住家272世帯が全焼した。奈半利町の災害救助法が適用された。 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)、南海地震が発生した。高知市の被害は死者231人、負傷者334人、家屋の全壊1,175戸、半壊1,957戸、浸水1,881戸、焼... 続きを読む