明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
香川県土器川流域
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日、台風により、土器川で水害。丸亀平野に被害が集中し、被害大。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局香川工事事務所編「香川工事事務所 60年のあゆみ」(建設省四国地方建設局香川工事事務所、1994年)、19頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 土器川 水害 丸亀平野
NO.
香川5714

よく似た災害

明治32年の洪水

明治32年(1899)8月28日、県下で河川堤防決壊13箇所、延長999m。被害は丸亀平野に集中。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、洪水により、被害は丸亀平野に集中、被害大。(土器川の主な洪水の歴史による) 続きを読む

明治32年の風雨

明治32年(1899)8月28日、大雨が降り、風が強かった。香川県では中央部で被害が最も大きく、河川の堤防決壊13箇所、破損90箇所に及んだ。被害は丸... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日の台風は、大型で、特に風が強かった。風害は沿岸部より山野部で激しく、香川県の中央部は被害が最も大きく、丸亀平野はその中... 続きを読む

昭和29年の台風15号

昭和29年(1954)9月26日、台風15号来襲。この台風は後に洞爺丸台風と呼ばれた。高松市では沿岸部の西浜町、朝日町方面に被害が集中し、災害救助法が... 続きを読む