慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
高知県安芸郡
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、大地震が起こり、その夜半津波が起こった。甲浦では死者350余人、野根には潮が入らなかった。佐喜浜では死者50余人、岬付近では死者400人程であった。奈半利では、津波のため善照寺付近には家が一軒もなかったと記されている。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では慶長9年11月19日となっておるが、慶長9年12月16日に修正した。
参考文献
安岡大六著「安芸郡史考」(安芸市、1955年)、289頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
慶長地震 津波 死者
NO.
高知22

よく似た災害

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、房総半島沖と土佐沖の二箇所を震源とするM7.9の地震が起こった。佐喜浜に来ていた讃岐の僧・阿闍梨暁印の記録によると、... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、房総半島沖と土佐沖の二箇所を震源とするM7.9の地震が起こった。佐喜浜に来ていた讃岐の僧・阿闍梨暁印の記録によると、... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、地震・津波により、徳島県宍喰では犠牲者が1,500余人(3,800余人)という記録が残されている。宍喰の北部に隣接す... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、M7.9の2つの地震が発生した。津波は犬吠岬から九州に至る太平洋岸に押し寄せた。紀伊半島西岸の広村では戸数1,700... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、M7.9の2つの地震が発生した。津波は犬吠岬から九州に至る太平洋岸に押し寄せた。紀伊半島西岸の広村では戸数1,700... 続きを読む