明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日、台風により、多度津では最大風速52.5m/秒となった。このため、香川県の被害は死者317、行方不明9人、負傷者1,295人、家屋の全壊7,112棟、半壊2,198棟に達した。被害は強風によるもので、死者のほとんどは家屋倒壊による圧死であった。香川県の観測史上最大の被害をもたらしたこの台風の特徴は、これまで詳しく調べられてこなかったが、本研究では観測記録及び被害記録を再検討し、今日の観点から気圧上などの特徴を調べた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
森征洋「香川県における観測史上最大の被害台風ー1899(明治32)年8月28日の台風ー」(自然災害学会編「自然災害科学Vol.22-3」自然災害学会、2003年)、271-283頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 強風 死者
NO.
香川5826

よく似た災害

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風が香川県西部を通過し、中部で災害が多発し、香川県下で死者・行方不明317人、家屋全半壊7,497戸の被害を出した... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風の中心が三豊郡を通過し、最大瞬間風速52mを記録した。県下の被害は死者・行方不明317人、負傷者955人、家屋倒... 続きを読む

明治45年の台風

明治45年(1912)9月22日~23日、暴風雨により、死者39人、行方不明48人、浸水家屋12,720戸、流失家屋378戸、田畑浸水1,961ha、... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風が愛媛県東部を通過したため、県下の被害は死者340人、負傷者971人、行方不明9人、全壊家屋2,751戸、船流失... 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月16日、暴風雨により、死者20人、負傷者33人、農業土木被害甚大。(香川県の災害記録) 続きを読む