安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
高知県室戸市
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日大地震津波があり、地震16ヶ国、津波14ヶ国に及び、翌5日大地震は30余国に及んだが、宝永の地震の経験から被害は少なくて済んだ。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では10月4日と5日となっているが、11月4日と5日に修正した。
参考文献
十兵衛会編「羽根村史」(羽根村、1957年)、337頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波
NO.
高知33

よく似た災害

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日朝五ツ(午前8時頃)地震があった。さほど強くなかったが、長時間揺れが続き、津波が来た。翌5日夕刻七ツ半(午後4時頃)大地... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月5日、南海道沖大地震(M8.4)が発生した。津波の規模は宝永大地震をやや下回る程度であり、被害は死者372人(男96、女27... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日午前8時頃、遠州灘を震源とするM8.4の大地震(安政東海地震)が起こり、大津波が房総半島から高知沿岸を襲った。その32時... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日午前8時頃、遠州灘を震源とするM8.4の大地震(安政東海地震)が起こり、大津波が房総半島から高知沿岸を襲った。その32時... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月5日、大地震が起こった。飛鳥神社の境内にある安政地震の碑には、地震の時の様子や津波の時の教訓などが細かく刻み込まれている。 続きを読む