昭和50年の洪水

災害年月日
1975年08月00日
市町村
香川県高松市、三木町
災害種類
風水害  
概要
昭和50年(1975)8月、高松市一宮町で増水した濁流に香東川堤防が削り取られた。また、三木町の新川では増水で橋桁が洗われ、くの字に折れた。写真2枚。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
四国の治水問題研究会編「四国の水害」(四国建設弘済会、1981年)、140-141頁
情報源の種類
写真集
キーワード
洪水 香東川 新川 写真
NO.
香川5872

よく似た災害

昭和62年の台風19号

image

昭和62年(1987)10月16日~17日、台風19号により、新川水系の新川及びその支流の吉田川流域で、三木町及び高松市亀田町・前田東町・東山崎町・春... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日朝から大雨が降り出し、強風も加わり、夜になって雨はますます激しくなった。阿讃山脈から流れ出る流水により、川はいっぱいにな... 続きを読む

昭和43年の大雪

昭和43年(1968)2月15日、大雪により仁尾町で積雪17cmを越え、ミカンや松などに折れ枝の被害が出た。 続きを読む

昭和30年8月の落雷

昭和30年(1955)8月3日22時20分頃、木田郡三木町で落雷があり、家屋が全焼した。(四国新聞による) 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)6月29日から降り出した雨は豪雨となり、30日には吉野川が氾濫、脇町の新馬場から西の助松あたりまでの民家3戸が軒下まで浸水、家族... 続きを読む