昭和50年の台風6号

災害年月日
1975年08月22日
市町村
香川県土器川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和50年(1975)8月22日、台風6号により、護岸洗掘、堤防決壊、高水敷流失。(土器川の主な洪水の歴史による)/台風6号により、満濃町では乙井橋が流失するなど、被害総額は12億円に上った。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
国土交通省四国地方整備局・国土交通省国土地理院編「川と人との歴史ものがたり」(国土交通省四国地方整備局・国土交通省国土地理院、2003年)、112-113頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 土器川 乙井橋流失
NO.
香川5880

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)の台風17号により、旧金比羅道にあった乙井橋(潜水石橋)が流失した。また、川島では幼児が濁流にのまれて死亡した。 続きを読む

昭和32年の台風10号

昭和32年(1957)9月6日、台風10号の来襲により、戻川橋が流失するなど田畑に大きな被害が出た。(西条市自然災害年表による) 続きを読む

大正元年9月の洪水

大正元年(1912)9月20日から22日にかけて、連続40余時間の豪雨により、雨量は平地で300ミリ以上に達し、川・池の堤防は決壊し、濁流水が田畑、家... 続きを読む

昭和13年の台風

昭和13年(1938)9月5日、旭では台風により旭川が大洪水となり、神田大橋が流失した。また、生実では川北の家屋が流失し、地盤被害等が出た。 続きを読む

昭和13年の台風

昭和13年(1938)9月5日、旭では台風により旭川が大洪水となり、神田大橋が流失した。また、生実では川北の家屋が流失し、地盤被害等が出た。 続きを読む