昭和40年の台風23号・24号による肥土山地すべり

災害年月日
1965年09月10日
市町村
香川県土庄町
災害種類
土砂災害  
概要
昭和40年(1965)9月10日から17日にかけて襲来した台風23号及び24号により、肥土山では連続雨量632ミリ、日最大雨量90ミリの記録的豪雨となり、16日~17日を中心に33haに及ぶ急傾斜の山林・畑地が集落、小学校、河川に向かって大地すべり大崩壊を起こした。肥土山では3年計画で災害復旧事業が進められ、昭和44年3月に事業が完了した。この記録は、当時の現地対策本部長による災害体験記である。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
坂本一「雨の行軍譜」(全国防災協会編「語り継ぐ災害の体験~安全への祈りをこめて~」(山海堂、1981年)、351-358頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 豪雨 肥土山 地すべり 災害体験記
NO.
香川5897

よく似た災害

昭和29年の肥土山地すべり

昭和29年(1954)、肥土山で地すべりがあり、民家、農地が被災した。 続きを読む

明治5年の肥土山地すべり

明治5年(1872)、肥土山で地すべりがあり、民家、農地が被災した。 続きを読む

大正9年の肥土山地すべり

大正9年(1920)、肥土山で地すべりがあり、民家、農地が被災した。 続きを読む

昭和40年の肥土山地すべり

昭和40年(1965)7月と9月、肥土山で多数の陥没、亀裂を生じ、関係民家数十戸に避難命令が出た。 続きを読む

昭和17年の肥土山の地すべり

昭和17年(1942)8月、肥土山地区で地すべりが発生し、農地が被害を受けた。 続きを読む