昭和42年の干ばつ

災害年月日
1967年00月00日
市町村
香川県
災害種類
渇水  
概要
昭和42年(1967)、戦後最大の干ばつにより、香川県の農作物被害額は約20億円、うち果樹関係が約7億円に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
西川泰編著「日本の災害」(四国新聞社、1972年)、頁なし
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ
NO.
香川5902

よく似た災害

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、台風15号(伊勢湾台風)により、被害は土木関係721箇所1億8,000万円、漁業関係21箇所6,600万円、港湾関係... 続きを読む

昭和35年の台風16号

昭和35年(1960)8月29日、台風16号により、被害は土木関係12億円、農業関係11億円に及んだ。(香川県の災害記録) 続きを読む

昭和50年の台風5号・6号

昭和50年(1975)8月17日の台風5号及び8月22日の台風6号により、財田町の被害額は約2億円に及んだ。(「三豊郡史」、「香川県気象災害誌」、「財... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、台風18号(第二室戸台風)により、被害は甚大で、被害額は49億円に及んだ。(香川県の災害記録) 続きを読む

昭和37年の干ばつ

昭和37年(1962)夏、干ばつにより、山間部の水稲は7割5分、陸稲は全面積に被害があり、野菜は全面積の55%、みかんは69%、園芸作物は92%、その... 続きを読む