宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県室戸市
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日昼過ぎに大地震が起こり、「万変記」によると、当日から翌日にかけて11、2回の大津波が襲ったようである。羽根では正午頃俄に磯から三丁余も潮が引き、それから大潮が入り、財宝は流失し、達者でない者、逃げ遅れた者は残らず大潮に引かれて死んだ。また、大地割れがあり、家の下敷きになったり、婦人がめまいで死んだり、山崩れなどで相当の死者が出た。室津では、津波により家屋30軒が流れ、耳先浜で2人流死した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
室戸市史編集委員会編「室戸市史 上巻」(室戸市、1989年)、599頁及び602-604頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 死者 万変記
NO.
高知42

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日の大地震は、日本の記録以来最大のもので、津波が翌朝まで11度も押し入っている。羽根浦八幡宮板書には、末刻俄に磯より沖へ三... 続きを読む

貞享4年の台風

貞享4年(1687)9月9日、福島(現土佐市)より甲浦までの間で、風雨により1,154軒の家が潰れ、16人が波にさらわれたり、潰れた家の下敷きになって... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日巳の上刻、大地震が発生した。山々が崩れ、大地は割れて底から塩水が湧き出す。人家は倒壊し、無難に立っている家は一軒もなし。... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午後2時、大地震が起こった。山は落ちて丘となり、川は埋まり、家が倒れ、下敷きになって死傷した人畜は数知れなかった。地震の... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月5日の地震により、郡中町で怪我人40人、人死20人。(「兵藤家文書」による)/郡中3町(灘町、湊町、三島町)のうち湊町だけで... 続きを読む