昭和62年の台風19号

災害年月日
1987年10月00日
市町村
香川県三木町
災害種類
風水害  
概要
昭和62年(1987)10月、台風19号により、香川県では大きな被害を受けたが、ため池が洪水調節機能を果たしたため被害軽減に貢献した。三木町では蓮池や山大寺池などのため池が洪水調節の役割を果たした。もしため池がなかったとき、被害がさらに増大したことを考えると、ため池のありがたみを再認識して、良好な状態で管理するよう心がけるべきである。香川用水の導入後にため池の埋立を唱える人が現れているが讃岐人として慎むべきである。(三木町「昭和62年10月台風19号災害と復旧の記録」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
和田一範・松尾裕治・山本基・武田由美子「四国に伝わる災害の教訓に関する考察」(土木学会土木史研究委員会編「土木史研究論文集Vol.27」2008年)、82頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 教訓 ため池 洪水調節機能 昭和62年10月台風19号災害と復旧の記録
NO.
香川5928

よく似た災害

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月、台風19号により、三木町は大きな被害を受けた。警察官は、香川県に災害はないと思っている人が多いため、一旦災水害が起きると... 続きを読む

平成16年の台風15号

平成16年(2004)の台風15号により、三木町池戸の切池が決壊した。切池は堤長20m、堤高4.0m、貯水量2,200立米の小規模ため池である。流域面... 続きを読む

昭和50年の台風5号

image

昭和50年(1975)8月17日、吉野川上流域は台風5号の暴風圏に入った。この台風は早明浦ダムの計画高水流入量4,700立米/秒をはるかに上回る7,2... 続きを読む

平成9年の台風19号

image

平成9年(1997)9月、台風19号による洪水のため、早明浦ダムへの最大流入量は5,100立米/秒(早明浦ダム完成度第2位の規模)となったが洪水調節を... 続きを読む

平成16年の台風15号

平成16年(2004)の台風15号により、上流から大量の土砂や流木が流れたが、満濃町長尾の蘭東上池は土砂・流木をくい止めた。蘭東上池は堤高4.2m、貯... 続きを読む