宝暦12年の洪水

災害年月日
1762年08月14日
市町村
高知県田野町
災害種類
風水害  
概要
宝暦12年(1762)6月25日から26日の大雨、大洪水により、渡場の大堤3、40間切れ、水門より下が残らず決壊した。町中に水入り、騒動は夜5ツ時から四ツまで(午後8時頃から10時頃)続いた。保佐や材木は散乱し、田の損害も所々あった。(「世用日記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
田野町編「田野町史」(田野町、1990年)、336頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 堤防決壊 世用日記
NO.
高知1332

よく似た災害

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月29日四ツ時(午前10時)から降り出し、8月朔日朝四ツ時まで大雨が続いた。八朔水と言われる。 続きを読む

宝暦7年9月の洪水・高潮

宝暦7年(1757)9月5日8ツ時(午後2時頃)からの大雨風と大浪により、東町の家2、3軒を打ち潰した。新町酒屋の庭に浪打ち込み、松ノ下の家を打ち潰し... 続きを読む

明和元年の風雨

明和元年(1764)7月14日~15日、大風雨、大洪水により、田野水門より下の堤防が切れ、保佐や材木が平野に入り、田地が埋まるところがあった。 続きを読む

明和元年7月の洪水

明和元年(1764)7月14日~15日、大雨風、大洪水により堤防決壊し、田野水門より下は大きな被害を受けた。田野分へ保佐や材木が通り、中川原の畑に水入... 続きを読む

宝暦12年6月の雷

宝暦12年(1762)6月15日午前6時から午後2時まで大雷。(小野家資料による) 続きを読む