明和元年の風雨

災害年月日
1764年08月11日
市町村
高知県田野町
災害種類
風水害  
概要
明和元年(1764)7月14日~15日、大風雨、大洪水により、田野水門より下の堤防が切れ、保佐や材木が平野に入り、田地が埋まるところがあった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
安岡大六著「田野文化史」(田野町、1952年)、216頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 洪水 堤防決壊
NO.
高知1378

よく似た災害

明和元年7月の洪水

明和元年(1764)7月14日~15日、大雨風、大洪水により堤防決壊し、田野水門より下は大きな被害を受けた。田野分へ保佐や材木が通り、中川原の畑に水入... 続きを読む

明和元年の風雨

明和元年(1764)7月14日~15日、風雨、大洪水により、田野水門より下の堤防切れ、材木、保佐入り、田畑を埋める。(「田野文化史」による) 続きを読む

宝暦12年の洪水

宝暦12年(1762)6月25日から26日の大雨、大洪水により、渡場の大堤3、40間切れ、水門より下が残らず決壊した。町中に水入り、騒動は夜5ツ時から... 続きを読む

明和9年の台風

明和9年(1772)8月12日より20日まで降り続き、20日夜5ツ(午後8時)過ぎから大風が吹き出した。前代未聞の大時化となり、福田寺大門が吹き倒され... 続きを読む

天明元年8月の大雨・雷

天明元年(1781)8月23日、大雨、大雷。夜に入り、大水、雨止まず、家々水上げ。この度は浪、風なし。木屋で安田川から材木が流失。(「世用日記」による... 続きを読む