昭和46年の集中豪雨

災害年月日
1971年07月25日
市町村
高知県安田町
災害種類
風水害  
概要
昭和46年(1971)7月25日~26日の集中豪雨は、安田町を中心に中芸地区に大きな被害を与えた。安田町では特に正弘、間下、東谷地区の被害が大きく、正弘地区では3戸の民家が土砂に押しつぶされ、下敷きとなった一家6人のうち2人が死亡した。また、北川村加茂では救助中の消防士と警察官が濁流にのまれて殉職した。(「新安田文化史」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
東島文化史編集委員会編「東島文化史」(東島文化史編集委員会、2001年)、98-99頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 正弘 死者 殉職 新安田文化史
NO.
高知1415

よく似た災害

昭和46年の集中豪雨

image

昭和46年(1971)7月25日~26日の集中豪雨は、安田町を中心に中芸地区に大きな被害を与えた。安田町では特に正弘、間下、東谷地区の被害が大きく、正... 続きを読む

昭和42年7月の集中豪雨

昭和42年(1967)7月9日、集中豪雨があり、山崩れで岡村では12人が生き埋めとなり、うち6人が死亡した。また、大下でも3人の死者を出した。 続きを読む

文禄5年の地震

文禄5年(1596)、大地震が発生した。京畿、四国、九州の被害が甚大であり、伏見城では573人が死亡、境の町では600人が死亡したと伝えられている。壬... 続きを読む

昭和36年10月の集中豪雨

昭和36年(1961)10月26日~27日の集中豪雨のため、室生峠が土砂で埋没し、内海町西村地区の各所では山崩れ・地崩れ、安田では三五郎池の決壊等によ... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)の台風10号により、大川村で1人が死亡したほか、上小南川発電所社宅4戸が全壊した。 続きを読む