享和3年の火災

災害年月日
1803年03月24日
市町村
高知県東洋町
災害種類
火災  
概要
享和3年(1803)2月2日5ツ半頃、甲浦の東股で火災が発生し、7ツ頃に鎮火した。この火災で111軒が焼失した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
寿美金三郎著「甲浦物語」(東洋町、1968年)、69-73頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 東股
NO.
高知1419

よく似た災害

寛保2年の火災

寛保2年(1742)1月12日夜、浮津で火災が発生し、室津浦に延焼した。この火災で、室津112軒、浮津170軒の合計282軒が焼失。(久保野家の記録に... 続きを読む

文政8年の大火

文政8年(1825)3月20日正午、椿泊浦で出火し、午後6時に鎮火した。この火事で、泊浦の戸数の半ば117軒が焼失した。(「阿波年表秘録」による) 続きを読む

明治35年の火災

明治35年(1902)11月13日、東股の東の谷から出火し、120軒が焼失した。この火災では、数十羽の白い鳥が飛んできて、火の粉をくわえては風上の方に... 続きを読む

寛保2年の火災

寛保2年(1742)1月12日夜、浮津から出火し、室津浦に延焼した。この火事で、浮津170軒、室津112軒が焼失した。 続きを読む

享和2年の火災

享和2年(1802)12月30日朝四ツ時(10時)、細工町から出火し、西風烈しく山田町、廿代田、蓮池町、紺屋町、新堀、菜園場、農人町、新町、鉄砲町を通... 続きを読む