明治35年の火災

災害年月日
1902年11月13日
市町村
高知県東洋町
災害種類
火災  
概要
明治35年(1902)11月13日、東股の東の谷から出火し、120軒が焼失した。この火災では、数十羽の白い鳥が飛んできて、火の粉をくわえては風上の方に飛んで落としたため、火災がますます大きくなったことなどが記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
寿美金三郎著「甲浦物語」(東洋町、1968年)、73-74頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 東股
NO.
高知1420

よく似た災害

嘉永2年の火災

嘉永2年(1849)12月7日、種崎町から出火し、農人町、裏町、下知に飛んで134軒を延焼した。 続きを読む

明治24年の火災

明治24年(1891)11月、滝ノ宮、原久保(太合)で火災が起こり、7戸を全焼し、付近の畑・山約3町歩を焼いた。大風に吹かれて、火の粉は遠く森遠の堂床... 続きを読む

明治34年の火災

明治34年(1901)、甲浦の東股で火災があり、120戸が焼失した。(「安芸郡史考」による) 続きを読む

明治6年の火災

明治6年(1873)、一宇夫で火災が発生し、6戸が焼失した。原因や類焼棟数は不明である。 続きを読む

昭和28年の火災

昭和28年(1953)4月、異常乾燥のため県下各地で火災が発生した。家火災20件(被害額2,200万円)、山火事23件(被害3万町、被害額1億円)。 続きを読む