大正元年の台風

災害年月日
1912年08月23日
市町村
高知県安芸市
災害種類
風水害  高潮  
概要
大正元年(1912)8月23日、台風が夜須付近に上陸し、東部は暴風雨、高潮となった。安芸郡で死者33人、家屋の全壊1,854戸、半壊1,240戸、大破2,100戸に及び、井ノ口でも全半壊数十軒で、ほとんどの屋根瓦が飛び散った。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
ふるさとの今昔をさぐる子どもと若人と大人の会編「ふるさとのいまとむかし」(ふるさとの今昔をさぐる子どもと若人と大人の会、1986年)、236-237頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高潮 死者 井ノ口
NO.
高知1424

よく似た災害

大正元年の台風

大正元年(1912)8月23日午前11時から翌24日午前4時まで、台風が猛威を振るった。この台風により、完成したばかりの羽根尋常高等小学校の2棟が倒壊... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月、大型台風が県の東部海岸をかすめて北上した。22日の雨量は大正300ミリ、梼原328ミリ、中村225ミリ、20日~23日の雨量... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日から23日にかけての暴風雨により出水し、被害は死者1人、家屋等の全壊7棟、流失1棟、半壊とひどい破損8棟、道路の流失4箇... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)8月24日、暴風雨により、中庄山路で山崩れのため、家屋の全半壊155戸、死者1人の被害が出た。(曽我部房一談による) 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)7月24日、台風が須崎方面に上陸した。県東部は24日午後から翌早朝にかけて非常な豪雨に見舞われ、山崩れ、河川の氾濫による被害は甚大... 続きを読む