昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
高知県安芸市
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日、室戸台風により、井ノ口~安芸間の電柱はほとんど倒れた。井ノ口では大正9年の台風ほどの被害にはならなかった。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では9月12日となっているが、9月21日に修正した。
参考文献
ふるさとの今昔をさぐる子どもと若人と大人の会編「ふるさとのいまとむかし」(ふるさとの今昔をさぐる子どもと若人と大人の会、1986年)、238頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風 井ノ口
NO.
高知1426

よく似た災害

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月、台風5号により舟入川の高潮の被害も起こった。高知県西部では大被害となったが、大津では昭和45年・47年の水害ほどの被害には... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前5時頃、高知県奈半利町に上陸した台風で、最低気圧684ミリ、最大風速45mという当時の世界最大級の台風と言われた。鷲... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日の第二室戸台風は、午前11時頃阿南市域を通過したため、阿南市域で負傷9人、全壊家屋13戸、床上浸水654戸などの被害を... 続きを読む

昭和34年の台風18号

昭和34年(1959)10月18日、台風18号により、県内では大した風雨にならなかったが、県西部で山崩れが2箇所発生した。 続きを読む

昭和34年の台風18号

昭和34年(1959)10月18日、台風18号により、県内では大した風雨にならなかったが、県西部で山崩れが2箇所発生した。 続きを読む