昭和29年の大火

災害年月日
1954年03月13日
市町村
高知県安芸市
災害種類
火災  
概要
昭和29年(1954)3月13日午後4時、山田北部集落から出火し、山田、中、下に延焼し、11軒が全半焼した。村から60万円の建築補助金、その他各地から見舞金があった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
ふるさとの今昔をさぐる子どもと若人と大人の会編「ふるさとのいまとむかし」(ふるさとの今昔をさぐる子どもと若人と大人の会、1986年)、239-240頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 山田
NO.
高知1427

よく似た災害

大正7年の大火

大正7年(1918)1月12日午前2時、馬場から出火し、近隣に類焼して7戸が全焼し、午前7時に鎮火した。原因は提灯の火であったと言われている。地元はも... 続きを読む

明治29年の大雨

明治29年(1896)9月4日に低気圧が日本海を通過した後、前線が四国沖に停滞して大雨となり、4日から11日までの8日間の雨量は760ミリとなった。こ... 続きを読む

昭和40年の大火

昭和40年(1965)1月10日午前4時40分頃、新町の民家から出火し、戦前・戦後を通じて最大の大火事となった。約10mの北東の強風のため、火は付近一... 続きを読む

天保5年の大火

天保5年(1834)11月2日、宮野下町で出火し、強風に煽られ、町村合わせて80戸を焼失した。隣村からは粥の炊きだしが行われ、後片付けの人夫も送られた... 続きを読む

天保5年の大火

天保5年(1834)11月2日、宮野下町で出火し、強風に煽られ、町村合わせて80戸を焼失した。隣村からは粥の炊きだしが行われ、後片付けの人夫も送られた... 続きを読む