宝暦7年7月の台風

災害年月日
1757年09月09日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
風水害  
概要
宝暦7年(1757)7月26日、大暴風雨が来襲し、洪水と高波が打ち寄せ、天神の人家が半分ほど流出した。海岸、河岸は流出した材木等でうまった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
奈半利町史編纂委員会編「奈半利町史」(奈半利町、1986年)、450頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
高知1430

よく似た災害

宝暦7年の台風

宝暦7年(1757)7月26日、大暴風雨により洪水と大波が打ち寄せ、天神町の人家が半分ほど打ち潰れ、川岸や海岸は材木などで埋まった。 続きを読む

宝暦元年の洪水・高潮

宝暦元年(1751)6月11日よりいなさ(南東の風)が続き、17日夜から強い西風と大浪となり、18日夜には田野の町中に水が入る。町に新町より漁船が通り... 続きを読む

宝暦元年の台風

宝暦元年(1751)6月12日から吹き始めた風雨は、17日の夜には大暴風雨となり、18日の夜半、奈半利の海浜に打ち上げ、人家に大損害を与えた。死者23... 続きを読む

宝暦元年の台風

宝暦元年(1751)6月11日から風が吹き始め、17日の夜には大暴風雨となり、18日の夜半、奈半利の浜辺に大波が打ち上げ、人家にも大損害を与えた。死者... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月21日及び9月10日に暴風雨があり、海岸方面の損害が甚だしかった。この時には、蒼社川より流出した流木が片原町海岸に突入し、人... 続きを読む