明和2年の台風

災害年月日
1765年09月16日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
風水害  
概要
明和2年(1765)8月2日~3日、大暴風雨により、大洪水と高波が押し寄せ、堤防が決壊、町は浸水し、流出家屋が散乱した。また、8月8日も暴風雨の来襲を受け、大洪水となり、再度堤防が決壊した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
奈半利町史編纂委員会編「奈半利町史」(奈半利町、1986年)、450頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 堤防決壊
NO.
高知1432

よく似た災害

明和2年の台風

明和2年(1765)8月2日~3日、大暴風雨により、大洪水と大波が押し寄せ、堤防が決壊、郷や町は浸水し、庄屋の邸宅の庭まで浸水し、町中の流家が多数あっ... 続きを読む

明和2年8月6日の台風

明和2年(1765)8月6日夜、大暴風雨、大洪水となり、さらに堤防が決壊し、町へ流水入り。(「高知年鑑」、「田野文化史」、「奈半利町史考」、「北川風土... 続きを読む

安永8年7月の洪水

安永8年(1779)7月1日、大洪水により潮江堤防が決壊し、家屋の流失・倒壊が多かった。6月29日からの大雨により、1日朝には安田川に材木が散乱し、奈... 続きを読む

明治17年8月11日の洪水

明治17年(1884)6月28日、暴風雨のため那賀川流域で堤防が決壊し、洪水が発生した。 続きを読む

明治23年9月の洪水

明治23年(1890)9月11日、台風により、仁淀川は洪水となり、森山堤防が1,800mにわたって破損した。また、佐川は稀有の大洪水となり、中島堤防が... 続きを読む