天明元年の台風

災害年月日
1781年09月26日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
風水害  
概要
天明元年(1781)8月9日の明け方から大暴風雨となり、奈半利川が氾濫し、堤防決壊、家屋に浸水し、人々は山辺へ逃げたと伝えられた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
奈半利町史編纂委員会編「奈半利町史」(奈半利町、1986年)、450頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 奈半利川 堤防決壊
NO.
高知1434

よく似た災害

天明元年の台風

天明元年(1781)8月9日の明け方から大暴風雨となり、奈半利川の堤防が決壊し、人家に浸水したので、人々は山辺へ逃げ上り、大変な騒ぎであった。 続きを読む

天明元年8月9日の台風

天明元年(1781)8月9日未明より大暴風雨となり、大水が出て奈半利川の古堤防が切れ、水が町に流れ込んで芝町の家が5軒流れ、水が軒から棟まで達し、衣類... 続きを読む

延宝元年の洪水

延宝元年(1673)6月27日、大洪水に際して石手川の堤防が決壊し、城下町の町分はもちろん、西堀端あたりは水勢が激しく、人々は堀の土手に避難したと伝え... 続きを読む

元暦元年の大雨

image

元暦元年(1184)5月1日、大雨により満濃池の堤防が大決壊し、山津波となって金倉川流域一帯に大被害を与えたと伝えられている。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)7月~8月、干ばつが続き、方々の川底に井戸が掘られ、その水を田に灌水したと伝えられている。(「明治村誌」等による) 続きを読む