大正元年8月の台風

災害年月日
1912年08月13日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
風水害  高潮  
概要
大正元年(1912)8月13日、大型台風が土佐湾から夜須付近に上陸した。このため、海岸では高潮と暴風で松の大木が倒れ、羽根村では新築小学校2棟、中川内分校、八幡宮本殿等が倒壊した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
奈半利町史編纂委員会編「奈半利町史」(奈半利町、1986年)、451頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高潮
NO.
高知1441

よく似た災害

大正元年の台風

image

大正元年(1912)8月23日~24日の大暴風雨では、安芸郡の被害が最も大きかった。羽根村では23日午前11時から翌24日午前4時まで吹き、新築の小学... 続きを読む

大正元年8月の台風

大正元年(1912)8月23日夜、台風が土佐沖を北上して夜須付近に上陸した。東部は烈しい暴風雨、高潮となり、被害甚大であった。安芸郡の被害は死者33人... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)8月23日午前11時から翌24日午前4時まで、台風が猛威を振るった。この台風により、完成したばかりの羽根尋常高等小学校の2棟が倒壊... 続きを読む

明治19年9月の台風

明治19年(1886)9月10日、台風により、戸波村で大木が倒れ堤防欠損。 続きを読む

大正元年9月の台風

大正元年(1912)9月22日夜半に県東部海岸をかすめて北上した大型台風により、21日~22日の合計雨量は500ミリ前後となり、風水害及び高潮による被... 続きを読む