昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
風水害  高潮  
概要
昭和9年(1934)9月21日、室戸台風は奈半利町を直撃した。午前1時頃ものずごい大暴風雨となったが、5時頃には天気は回復した。しかし、2、30分後に再び強烈な風雨となり、家屋の倒壊と流出を伴う大惨事となった。海は満潮時に当たり、高潮により貯木場の材木はすべて流出、高波は天神周辺から平松小学校前まで押し寄せた。奈半利町では、死者6人、家屋の流失100戸余、船の流失73艘で、農作物は全滅した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
奈半利町史編纂委員会編「奈半利町史」(奈半利町、1986年)、452頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風 高潮 死者
NO.
高知1443

よく似た災害

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風は室戸岬西岸に上陸した。奈半利町では、高潮で防潮堤6箇所が決壊し、負傷者14人、家屋の流出48戸、倒壊5... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が奈半利町に上陸した。最低気圧684ミリ、最大瞬間風速60~70mで、遠く離れた窪川でも相当の風雨で大きな損害... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が奈半利町に上陸し、高知県では死者122人、負傷者508人、家屋・船舶の被害が甚大であった。 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、奈半利町に上陸した室戸台風により、弘見地区では児童3名死亡した。 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前5時頃、高知県奈半利町に上陸した台風で、最低気圧684ミリ、最大風速45mという当時の世界最大級の台風と言われた。鷲... 続きを読む