享保6年の洪水

災害年月日
1721年00月00日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
風水害  
概要
享保6年(1721)、大洪水で堤防が切れ、奈半利中に水が入ったため、人々は非常に難儀をした。普請奉行伊藤権之進、下役人下村栄五郎が来て、郡下から人夫を徴収して堤防を建設した。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では享保6年(1731)となっているが、享保6年(1721)に修正した。
参考文献
安岡大六著「奈半利町史考」(奈半利町、1953年)、159頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 堤防決壊 普請奉行 堤防建設
NO.
高知1452

よく似た災害

享保6年の洪水

享保6年(1721)7月、大水により奈半利川が田野西に水が流れ、新町の鼻が崩れ、住居に適さなくなったので、地下から願って、普請奉行らが出張して、郡下か... 続きを読む

天明7年の洪水

天明7年(1787)6月24日、物部川筋大洪水で堤防が所々破損し、奉行をはじめ関係役人がたびたび普請所検分のため出かけてきた。(「矢野家文書」による)... 続きを読む

享保2年の洪水

享保2年(1717)5月2日、大雨洪水により生名村、岩城村、井ノ口村、盛村、肥海村、宮浦村の田畑が荒れ、御公儀(松山藩)役人の見分を受けている。(「越... 続きを読む

正徳2年の風雨

正徳2年(1712)、大風雨で越智島の作柄に損害があったため、郡奉行らが来島し、見分の上、岡村・大下村ほか大三島の9ヶ村に対し、米762俵余を給付して... 続きを読む

享保17年の洪水

享保17年(1732)閏5月10日、雨が打ち続き諸川で出水、郡役人その他がそれぞれ水防場所に罷り出る。久米郡和泉村の池等が所々損壊、温泉郡畑寺村大洲原... 続きを読む