文化14年の台風

災害年月日
1817年10月19日
市町村
高知県安芸郡
災害種類
風水害  
概要
文化14年(1817)9月9日、大暴風雨が室津辺の家や大木を倒し、船を山上に吹き上げた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
安岡大六著「安芸郡史考」(安芸市、1955年)、292頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 室津
NO.
高知1498

よく似た災害

昭和29年の台風

昭和29年(1954)の台風は、足代小学校の旧校舎を倒し、美濃田、山口等の家屋を倒し、屋根をとばし、山林の大木を倒し、鷲羽神社の大木をなぎ倒し、中村の... 続きを読む

明治18年の旋風

明治18年(1885)9月6日午前10時頃、那賀郡中林村沖合に旋風が起こり、漁船3艘を巻き上げて10間余の高処の松原に落とし、才見、日開野、西路見、芥... 続きを読む

明治18年の旋風

明治18年(1885)9月6日午前10時頃、那賀郡中林村沖合に旋風が起こり、漁船3艘を巻き上げて10間余の高処の松原に落とし、才見、日開野、西路見、芥... 続きを読む

明治18年の旋風

明治18年(1885)9月6日午前10時頃、那賀郡中林村沖合に旋風が起こり、漁船3艘を巻き上げて10間余の高処の松原に落とし、才見、日開野、西路見、芥... 続きを読む

正徳3年の暴風

正徳3年(1713)、暴風が壁を倒し、木を折った。(高松藩の災害記録) 続きを読む