享保3年の大火

災害年月日
1806年03月00日
市町村
高知県安芸郡
災害種類
火災  
概要
享保3年(1806)2月、甲浦東股の大火で、111軒が焼失し、家屋破壊作業によって消し止めた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
安岡大六著「安芸郡史考」(安芸市、1955年)、295頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火 甲浦東股
NO.
高知1526

よく似た災害

享保3年2月の火災

享保3年(1718)2月、甲浦東股で111戸焼失。(「安芸郡史考」による) 続きを読む

享和3年の大火

享和3年(1803)2月2日、甲浦東町で大火事、111軒焼失。 続きを読む

明治34年の大火

明治34年(1901)、甲浦の東股で大火があり、人家120戸程が焼失した。 続きを読む

享和3年の火災

享和3年(1803)2月2日5ツ半頃、甲浦の東股で火災が発生し、7ツ頃に鎮火した。この火災で111軒が焼失した。 続きを読む

昭和59年9月の火災

昭和59年(1984)9月2日正午すぎ、東俣名の山林から出火、ヒノキ、杉などの植林地10haを焼き、午後8時頃消し止めた。 続きを読む