明治34年の大火

災害年月日
1901年00月00日
市町村
高知県安芸郡
災害種類
火災  
概要
明治34年(1901)、甲浦の東股で大火があり、人家120戸程が焼失した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
安岡大六著「安芸郡史考」(安芸市、1955年)、295頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火 甲浦東股
NO.
高知1530

よく似た災害

明治34年の火災

明治34年(1901)、甲浦の東股で火災があり、120戸が焼失した。(「安芸郡史考」による) 続きを読む

寛延元年の大火

寛延元年(1748)1月10日、佐喜浜で大火があり、民家150戸が焼失した。 続きを読む

正保4年の大火

image

正保4年(1647)10月3日、壬生川村で大火があり、全戸数の約6割の家屋が焼失した。この時、鷺森神社の御宝物、鷺森城の一の木戸、二の門が焼失した。 続きを読む

寛文7年の大火

寛文7年(1667)12月14日、大火があり民家50余戸が焼失した。 続きを読む

寛延元年の大火

寛延元年(1748)1月10日、大火があり民家150戸が焼失した。 続きを読む