昭和20年の台風

災害年月日
1945年09月00日
市町村
高知県室戸市
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)9月、台風襲来。開花期の稲を全滅させた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
十兵衛会編「羽根村史」(羽根村、1957年)、341頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
高知1591

よく似た災害

明治17年の台風

明治17年(1884)秋、暴風雨により、開花期の稲作が全滅に近い被害を受けた。 続きを読む

明治18年の台風

明治18年(1885)、秋稲の開花期に台風が襲来し、人家は壊れ、塩分を含んだ雨のため、城辺地区の稲は全滅に近い被害を受けた。僧都川が氾濫し、中町、古町... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)、秋稲の開花期に台風が襲来し、人家は壊れ、塩分を含んだ雨のため、城辺地区の稲は全滅に近い被害を受けた。僧都川が氾濫し、中町、古町... 続きを読む

昭和20年の台風

昭和20年(1945)9月、台風襲来。晩稲の開花期に当たっていたため、稲田は一夜にして白くなり、収穫皆無。終戦後の食糧難に拍車をかけ、その影響は深刻で... 続きを読む

昭和20年の台風

昭和20年(1945)9月17日、大台風が西讃を通過し、出穂期の稲作は全滅し、家屋の被害も多かった。 続きを読む